WinPcap

WinPcap 4.1.2

プロフェッショナルで使いやすいパケットキャプチャライブラリ

WinPcapは、ユーザーがプロトコルスタックを迂回してWindowsオペレーティングシステム内の情報パケットを転送できるツールです。これにより、データをより効率的に処理することができます。このようなツールは、ウェブサイトの開発者、ネットワーキングテストの専門家、オープンソースのソフトウェア作成者によってよく使用されます。パーソナルコンピュータで使用するように設計されています。

完全な説明を見ます

賛成票

  • 2つのノード間でパケットデータの転送を迅速に行う優れた方法です。
  • ネットワークテストに関する有用な分析ツール。

反対票

  • ユーザーは相当量の技術知識を持っている必要があります。
  • しばらく更新が行われていません。

WinPcapは、ユーザーがプロトコルスタックを迂回してWindowsオペレーティングシステム内の情報パケットを転送できるツールです。これにより、データをより効率的に処理することができます。このようなツールは、ウェブサイトの開発者、ネットワーキングテストの専門家、オープンソースのソフトウェア作成者によってよく使用されます。パーソナルコンピュータで使用するように設計されています。

コア機能とツール

WinPcapは、従来のWindowsプロトコル技術に比べて仮想的な「橋渡し」と考えることができます。これらの方法をバイパスし、データパケットをハードドライブ内の別の領域に効率的に送信できるようにします。このソフトウェアは、ドライバとビルトインライブラリで構成されています。ドライバは、ユーザに低レベルのネットワークへのアクセスを提供し、ライブラリは異なるネットワーク層と対話する。また、Unix APIがこのライブラリ内にあることにも言及する必要があります。このバンドルの究極の目標は、ネットワークと対話する際のエンドユーザーの効率を高めることです。

その他のアクセサリ

WinPcapに含まれるその他のツールには、Wiresharkのデータ管理コントロールと802.11 a / b / g / nネットワークでの作業が含まれます。必要に応じて、元のソフトウェアと共に別のUSBカードを購入することも可能です。このシステムの最新の更新は2013年に発生したようです。

WinPcap

ダウンロード

WinPcap 4.1.2

ユーザーレビュー

スポンサー×